::Traveling 
::Fly Me To U.K. vol.2 英国探訪記 弐之巻

〜かの地,そぞろに駆け巡ること〜


卒業旅行、それは、大学生活を締めくくる儀式でございます。
最初の一年と、最後の一年しか学生らしくなかった私でしたが、
この儀式には心を惹かれました。

思えば、時間はアルバイトに、お給金はすべてビートルに捧げてしまった、
という毎日の中で、あの異国体験は、はるか過去のものとなり、
埃すらかぶっていたのでございます。
...この埃を拭わずには社会にでられねぇ。

最終試験の予定をつかむやいなや、この儀式のことで頭がいっぱいに...

と次の瞬間、

私は、リクルート旅行センターのカウンターに座っておりました。
仕事をするようになったら、こんなことはできない(かもしれない)という
強迫的な思いだけを胸に。

そして、往復のエアチケットとレイルパスを購入し、
卒業判定を待たず、またたく間に空の人になったのでございます。

写真をクリックすると,それぞれの段に移ります。    **MAPはこちらをクリック**
一の段へ一の段
早々に トランクはち切れ 馬乗りに
in Brighton
二の段へ二の段
幕開けは やはり予感の 大騒ぎ
in London
三の段
夕暮れの 鐘に思わず 涙する
in York
四の段
しゃれでなく ホントにいるぞ スコッチガード
in Edinburgh
五の段
ロッホ・ネス 探検隊は 今日もゆく
in Inverness
六の段
思いつき 異国の地でも 性分不変
in Glasgow
七の段
学習は 活かす場面が あってこそ
in Chester
八の段
久々に 彼の地そぞろに 駆けめぐり
in some places

Travelingひき出しメニューへ次へ