::Traveling 
::Fly Me To U.K. vol.2-3

三の段
夕暮れの 鐘に思わず 涙する
in York

Feb.23 in Intercity to York メモより

今日からしばらくアバウトな旅が始まる。
キングスロード駅からヨークに向けて、特急インターシティに乗っている。
窓から見える景色は、緑がどこまでも広がり、赤れんがの家々。
私がこの国を好きなのは、この色合いのせいだろう、と思う。
どんより曇った空も、普段なら絶対嫌いだが、ここでは好きなんだなぁ。
風景全体の色バランスがいいのかな、日本に比べると。
馬がいたりしていい景色だ。落ち着くなぁ。
あしたのこと考える前に、コート、やぶけてるから縫おうっと。
やっぱ、古着は古着やね。

何がいいって 色かな、やっぱり

in York

何年も忘れてたような落ち着きを、取り戻した感じ。
いろんなことがあったなぁ、大学時代。とりあえず、長かった...(謎)
それにしても、この一年間はがんばってきたよなぁ。
自分でも信じられないくらい。毎日学校に行ったし。(普通はあたりまえー)
就職活動もしたし。お母上が入院したから、家事もちゃんとしたし。
夜12時に、お風呂の時計を見ては、
「あ、もう寝なあかん」。
12時に寝なかったら、朝6時半には起きれへん、
そうゆう強迫観の中で過ごしてきた一年だった...。
あとは、もうどうなってもいいわ。なるようになるやろ。

ヨークミンスター4時の鐘。いい音やなぁ。リボンの騎士みたい...。

安らぎの気持ちからか、涙ぐんでしまった。


Feb.24 at York BR stn. メモより

お金がなくなってきたので、バンク・オブ・スコットランドで両替したが、
ミッドランドでは1£239円で手数料3£だったのに対し、
ここでは235円で手数料2£だったので、こっちにしたわけ。

今日は朝からヨービック・バイキングセンターと博物館に行って来た。
ヨークの見どころはすべて廻れた。朝早く出たので、すべて並ばずに入れたし。
あ−ゆーところは、とにかくオープンと同時でなくてはキューができるから。
ヨークは、ちっちゃい子どもを連れた家族連れが多かったなぁ。
バイキングセンターでは、モーターカーみたいなのに乗って
中のジオラマを見て回る。こういうスタイルはけっこう多いね。
ジオラマってホントに多いよなぁ この国。
人形劇好き幼児ゆえ、ジオラマ・フリークなんだけど..
日本では、菊人形か二条城の人形くらいかな、
知ってるの。


Jorvik Viking Centre

そういえば、...
「バイキングの子ビッケ」ってマンガあったなぁ。
Vikって、そのままやったんやー

5歳くらいの子とそのお父さんと一緒だった。場内の説明より
この親子の会話の方がおもしろかった。
なぜか、中がとても臭かったんだけど、
 子:「どうして臭いの?」
 父:「昔のにおいなのさ」(などとがんばって説明し、教えている父)
 子:「じゃ、ぼく、昔に生まれなくてよかった」
 父:「.....」
なんか笑えるなぁ。

そう言えば、今朝テレビで、きんさんとぎんさんの話題をやってた。
きんさんがふにゃふにゃしゃべってる吹き替えの声は、
若いおねえちゃんの声だったもんで、すごく変だった。
Kin, Gin Sistersっていうのもなんか笑えるなぁ。
でも、一人で朝のテレビ見て笑ってる私も変だが。

一人で旅してると、けっこう話しかけられるので、いい勉強になる。
とは言っても、今更向学心は風前のともしびだが...
「イングランドは好きか?」と決まって聞かれる。
「もちろん」と答えると、みな機嫌がよい。

Travelingひき出し口へ | 次へ