::Traveling 
::Fly Me To U.K. vol.4 英国探訪記 四之巻 1994.4.25-5.11

〜親孝行,つひに定例となること〜


それは、ゴールデンウィークも差し迫ったある日のことだった。
私は、年に一度のU.K.詣が2年で途切れていたことが急に気になりだした。
あ、いや、前々から気にはなっていたのだが、
日常生活に追われるままに時間だけが過ぎていき、
どこかで「やむをえず」とあきらめていたのかもしれない。

「やりがいのある仕事」というのは曲者だ。
やりがいが、あればあるほどがんばってしまうし、
がんばれば、がんばるほど能力は伸びていく。
(そうとも限らぬが...)
能力が伸びれば伸びるほど、仕事の種類は増え、幅は広がる。
いつしか、大好きな車いぢりも、牛乳のみ友だちのハービーとの
ゆったりした時間も楽しめず、なんだか本来大好きな「ごろごろ」も楽しめない日々が続くようになってきた。

あーなんか「プースカ」って感じ...

しかし、私は、思いついたことを突如としてやり出す、という性格を備えている。
もともと、持久走は苦手だが、短距離は素敵に駆け抜けたものだ。(謎)

−そして、ついにその日がやってきた。行こうと思うその日が!−

仕事の段取りをつけ、いろんな方々に頭を下げながら、長期の休暇を取る
ということはパワーのいるものだと久々に思った。
ともすれば、勇気なんてものがいるのやもしれぬ。

んが、しかし!

ワーク魔と化しつつあった私にとって、"Carpe Diem"というラテン語が、
宇宙のことわりのように、はっきりときらめきだしたのでございます。

「あ、行くけど?」
「え、どこへ?」
「ん。まずは、ロンドン」
「ふーん。あたしも行きたい。いつ?」
「ん。ゴールデンウィークね。」
「...えーっ!もうすぐやん」

...というわけで、誘った自分を後々呪うようになろうとは夢にも思わず、
またもやトシコを伴い空の人になったのでございます。

写真をクリックすると,それぞれの段に移ります。
一の段
太陽 みどり 犬と りす
in London
二の段
飾ってもらえぬ 思い出多し
around London
三の段
気持ちがいいから もう一泊
in York
四の段
成せば成る 成さねば成らぬ 何事も
in Edinburgh
=*=*=*Sorry! Coming Soon*=*=*=
五の段
ばかにできない 幼児期体験
in Chester
=*=*=*Sorry! Coming Soon*=*=*=
六の段
夢覚ます 一声

=*=*=*Sorry! Coming Soon*=*=*=

Travelingひき出しメニューへ次へ